かかとのひび割れ 栄養

かかとのひび割れに必要な栄養


かかとのひび割れに必要な栄養

かかとのひび割れは乾燥肌から起こります。

冬は空気が乾燥しやすく湿度も低く、皮膚表面の角質層の水分も
乾燥で奪われて、肌も乾燥しやすくなっています。

かかとのひび割れの悩みも冬が多くなります。

乾燥肌は、冷え性の方がなりやすく、血行が悪いため、手足の末端
まで栄養が行き渡らず、かかとのひび割れにもつながります。

まず冷え性を改善して、バランスのよい栄養を十分に
摂りたいです。

冷え性の方は筋肉量が少ないので炭水化物、たんぱく質を十分摂り
ビタミンB、C、Eもしっかり摂りましょう。

たんぱく質の多い食品
肉類、牛肉、豚肉、鳥のささ身、豆類
納豆、魚類

ビタミンEのサプリメントの摂取も冷え性には効果的です。

ビタミンAサプリ


かかとのひび割れの原因



かかとのひび割れ 角質除去 きれいな足にトップへ


かかとひびわれ 漢方

かかとのひび割れ漢方で改善する


かかとのひび割れ漢方で改善する


漢方では、お肌の調子が悪い、かかとのガサガサなどは「血虚」に
よるトラブルといわれています。

血虚とは体内に血液が不足して起きる症状です。

足のガサガサのほかに肌にうるおいがなくなり洗顔すると突っ張っ
たりします。つめも割れやすく、あかぎれなども出ます。

見た目印象としては、肌が白い、黄色っぽいなどやせていて元気が
なさそうに見えます。

hie.jpg
この症状の方には「冷え」が大敵です。
特に気温が下がる冬は冷えやすく症状
が出やすいので薄着に用心してください。

特に下半身、足は冷えやすいので、冷
やさないように厚手のタイツなどで冷
えを予防してください。

血液が不足するので血液を増やす食事をすることが重要です。

血を補う食品としては、レバー、卵、牛乳、肉、ナツメ、うなぎ、
貝柱、あわび、ライチ、ぶどう、鰹、イカ、牡蠣、アナゴ
ほうれん草などがあります。

これらの食品を毎日うまく組み合わせて食事に取り入れてください。

「血虚」を改善する漢方薬としては当帰芍薬散(とうきしゃくやくさん)
温経湯(うんけいとう) 、四物湯(しもつとう)当帰飲子(とうきいんし)
当帰四逆加呉茱萸生姜湯(とうきしぎゃくかごしゅゆしょうきょうとう)
などがあります。

最近は漢方を取り入れている病院も多いので、保険が適用になります。
医師に相談してください。

kanpou.jpg



かかとのひび割れ 角質除去 きれいな足にトップへ



<<前の2件  1 2 3 4 5..  次の2件>>



スポンサードリンク


Powered by Seesaa